花より男子 二次小説 司一筋

遠く離れてても(司つく)<キリリク>

類は、とりあえず一旦落ち着こうよ、と つくしの背中をさすりながら、店を出て行った。 そんな事より、君とどこかで会ったことあったかな??」 「えっ?えーと、どこかでお会いしたような気もしますが、、、すみません、覚えてないです。 」 頭を下げた司に、玲人もビックリしていた。

70

渡れない天の川(司つく)<七夕企画>

ねーちゃんのどこがいいのかって。 司ラブの管理人がすべて サイトの更新情報やオススメサイトの紹介、小説投稿情報、感想等の記事にぜひトラックバックして下さい。 」 スーツから私服に着替えたこいつが、俺のあとをぴょこぴょこ付いてくる。

38

花より男子 二 次小説 司一筋 27

いつでもまっすぐで一途で、常にねーちゃんを大事にしてくれる道明寺さん。

遠く離れてても(司つく)<キリリク>

それを背中で受けながら思う。

2

花より男子 二 次小説 司一筋 27

」 「それでいいの?」 「、、、、」 「彼女の事、本当に愛してたのか?? このまま、中途半端に気持ちを引きずったまま、先になんて進めないんだぞ。

遠く離れてても(司つく)<キリリク>

一通り、食事が終わり、デザートのケーキを食べていた時だった。 」道明寺さんが言った。 国際経済欄に、道明寺財閥の系列会社のM&Aの話題が、掲載されていた。

27

シークレット 27

, あー、そういうことか。

93

遠く離れてても(司つく)<キリリク>

」 「いえ。 ただ、彼女を責めることだけはしないでほしい。 あの瞬間から、彼女に惹かれている事に気付いた。

花より男子 二次小説 司一筋

他の多くのオンナを相手に、建前の優しさで愛敬を振りまいているときの総二郎を知っているあきらは、総二郎が無意識のうちに、つくしを意識していることに気づいていた。

遠く離れてても(司つく)<キリリク>

今日は、お招きありがとうございます。 」 「、、、そう」 「ごめんなさいっ!こんな事、相談できる人いなくて。 悪かったな。

渡れない天の川(司つく)<七夕企画>

地位とかお金とか権力とか、そんなものは関係ない。

46