俺ガイル ss 八幡 不死身

【八雪・俺ガイルSS】八幡「雪ノ下に突然プロポーズされた。」

…………。

19

【八雪・俺ガイルSS】八幡「雪ノ下に突然プロポーズされた。」

この前お酒飲んじゃったけど大丈夫かな…………」 八幡「医者に相談してそれくらいなら平気って言われたんだろ? 気にする方が身体には毒だぜ」 沙希「そうだね…………ね、八幡」 八幡「何だ、沙希」 八幡(沙希はしばらく俺を見つめたあと、すっと目を閉じる。 「私は雪の妖怪であるせいで人から嫌われたわ。 98 めぐり「比企谷君、今日の放課後暇?」 八幡「へ?」 何…めぐり先輩からそんなことを言われるとは. 勿論優しくしてくれた人もいたけれどその優しさに触れたら今度は溶けて私自身の命が危なくなる……だから距離を置くしか無くて私は一人になる……こんな冷たい妖怪を辞めたいから貴方に頼んだのよ……」 「へ~、大変だったんだな~」 「ええ、大変だったわよ。

54

【俺ガイルSS】城廻めぐり「比企谷君…」 八幡「?」

さらには致命的な失敗をしても「若気の至り」で片付ける。

12

八幡「とある休日の比企谷八幡。」

じゃ、これからどう対応するか考えるか」 沙希「えっ?」 八幡「えっ?」 京華「…………なんかまた噛み合ってなくない?」 沙希「もしかして…………あんたの昇進祝いに食べた高級肉、実家からの差し入れって言ったけど実はあたしのお金で買ったのがバレたって話じゃないの?」 八幡「違う! でもそんなことしててくれたのかありがとう!」 大志「てか姉ちゃん、何でわざわざそんなことを…………」 沙希「だ、だって、あたしがあたしの手でお祝いしてあげたくて…………でも八幡なら高いお金出したら絶対自分も払うって言うし」 京華「はいはいごちそうさまごちそうさま。 」 八幡「そういうの照れるんで辞めて貰っていいですかね?」 雪乃「ひとつ…聞いていいかしら?」 八幡「何だ?」 雪乃「由比ヶ浜さんと私…どっちが好きかしら?」 八幡「そりゃ雪乃と結婚したんだから…雪乃だろう?それに由比ヶ浜には恋愛感情はねぇよ…。

29

八幡「俺の目が腐ってないだと....?!」

09 近くのサイゼ 八幡「さっきは何か…すまん」 雪乃「いえ、構わないわ。

39

【八結SS】八幡「由比ヶ浜と付き合う…のか?」【俺ガイル】

勝負の審査は私の独断だが平等に審査する」 「それをどうやって証明します? そうだ。

82

【八雪・俺ガイルSS】八幡「雪ノ下に突然プロポーズされた。」

いつになく元気ね由比ヶ浜さん」 八幡「おう」 雪乃「あなたは相変わらずね、比企谷君」 八幡「昨日、今日で変わるか」 雪乃「それもそうね。

6

八幡「家族が増える?」

その勝負うけましょう」 雪ノ下が真っ先に賛同した。 そして俺はそれをとにかく拒否ってる。

57